個別指導で家庭学習を効率化

中学受験を考えている息子は、SAPIXと個別指導塾の二つの塾に通っています。

小学6年生になり、塾の先生と話をしながら、具体的に志望校を検討し始めました。

息子は、今年個別指導塾に通うようになりました。個別指導塾に通うようになってから、何をどのように勉強すればよいのか、自分に今必要なことは何なのかということが明確に分かったようです。

マンツーマンで指導されている中で、先生に自分の苦手なところや今やるべきことを教えてもらっているみたいでした。

個別指導塾の先生のおかげか、息子の家庭での学習の様子が変わってきました。これまでは、出された宿題を淡々と行っているだけでしたが、今では自分の苦手分野にチェックを入れ、そこを中心にさらに勉強するようになりました。

広い範囲を漠然と勉強するのではなく、自分の苦手なところを集中してやることにより、勉強の効率が良くなりました。自宅でこのようなスタイルで勉強するようになったことにより、徐々に苦手分野を克服してきています。息子も、勉強が分かるという楽しさを感じているようです。

個別指導塾に通うことで、家庭学習にも良い影響が出てきました。このまま、中学受験に向けて息子の成長を見守っていきたいです。